Q&A

このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ 資料請求 無料お試しサービス お申し込み
Wisebook Cloud
■ 価格及び契約
契約期間に1年とありますが、2年目の契約の際も初期費用はかかりますか?
初期費用は新規契約した際に発生いたします。それ以降は、月額料金だけで使用できます。

 

プラン変更したいのですが、プランを変更する際、初期費用はかかりますか?
いいえ。初期費用はかかりません。上位プランの月額料金だけお支払いいただきます。

 

容量を増やしたいのですが、どうすればいいですか?
上位プランに変更をお願い致します。

 

完成したデジタルカタログのデータ納品、二次販売はどうなりますか?
お客様が自由にご利用いただくことが出来ます。
出来上がったデジタルカタログの利用や配布において料金が発生することは一切ありません。
但し、お客様が登録した画像データ、ロゴデータ、PDFはお客様に権利があります。ビューワープラグラムのデータは弊社の権利があります。

 

お客様にデータ納品をしたいのですが、ダウンロード可能でしょうか?
[eBook Publisher]→[管理パネル]→[ダウンロード]ボタンより、成果物をダウンロードすることが出来ます。
PC版の場合はお客様のサーバー上に掲載して配信することができます。
しかし、iOS/Androidの場合は弊社がご提供する配信サーバーをご利用ください。
iOS/Android用データがダウンロードできてもお客様のサーバーからの配信が出来かねますので予めご了承ください。
※ライトSプランでは、データのダウンロードができないため、ご注意ください。

 

Wisebook OpenViewer アイコンまたはログイン画面を自社用に変更したいのですが、可能ですか?
OpenViewer はコンテンツビューワーであるため、対応が出来かねます。
アイコンまたはログイン画面の変更をお求めの場合は、独自アプリのご要望に対応可能な「Wisebook Library Lite」をご検討ください。

 

■ 機能
iOS/Android用に単体アプリを作成して利用したいのですが、可能でしょうか?
単体アプリの作成及びダウンロード機能はサポートしておりません。
Wisebook Cloud の配信サービスに別途お申し込みいただいた後に、OpenViewer をご利用ください。

 

wisebook で作成したデジタルカタログの容量はどのくらいですか?
元データの解像度によりますが、元データが264DPIのPDFの場合、1MB/1ページになります。

 

Wisebook Cloud ライトSの場合、1GBまで利用できますが、何ページまで作成できますか?
Cloud プランの1GBのうち、500MBが制作用、残り500MBが配信用に使われます。
そのため、元データが264DPIのPDFの場合、500ページ程作成できます。

 

iOS/Android/PC用にコンテンツを作成した場合、容量の計算はどのようになるでしょうか?
Wisebook では、デバイスごとにデータを書き出すことなく、共通で利用可能なデータを書き出します。
1つのデータをビューワー側で各デバイスの表示に最適化する処理をしています。
そのため、iOS/Android/PC用に作成したコンテンツの容量は、コンパクトになり、1ページあたり1MB程度に収まります。

 

wisebook で制作したデータを自社サーバーへアップロードしたのですが、閲覧できません。
情報ファイルがアスキーコードでアップロードされており、正常にアップロードされていない可能性があります。
バイナリーコードで再度アップロードをお試しください。


※ 画像をクリックすると拡大表示します。

 

ダウンロードしたブックのデータを自社サーバーにアップロードしたところ、ビューワーの「フル画面」を押してもフルスクリーンで表示されません。なぜでしょうか。
インラインフレーム(iframe)を利用すると、フルスクリーンでの画面表示ができなくなってしまいます。
おそれいりますが、インラインフレーム(iframe)を利用しての配信は行わないでください。

 

ユーザーのブックの閲覧権限を管理することはできますか?
はい、できます。
会員認証(ログイン)時のパスワードの変更や、IDの削除を行うことで閲覧を禁止することができます。

 

FLASH形式のビューアを利用することはできますか?
はい、できます。 ご利用の際は以下のことにご注意ください。

1. モバイル端末では利用できません。
2. セキュリティ上の問題が次々に発見されています。
3. HTML5形式のビューアとの、機能や仕様上の差異がございます。
4. FLASH形式のビューアの開発は現在行っておりません。
5. FLASHを利用することそれ自体は問題ないが、リンク設定や動画設定のHTML版編集画面が利用できません。
6. カート情報や商品検索が利用できない上、今後リリースする新機能をお客様が利用できません。

※契約時にHTMLの編集画面を利用しているお客様は、FLASHに切り替えることができません。
このページの先頭へ
電子書籍・PDF著作権保護サービス EPUB書籍作成ソフト 電子書店構築システム 社内外間で協働を促進
・FLASHからHTML5に切り替える4つの理由
・FLASH 電子カタログの現状と賢い使い方
・HTML5 デジタルカタログのメリット
・製品・サービス比較
・よくわかるWisebook Cloud 10の活用術
・見込み客獲得(コンテンツマーケティング)
・資料請求の配布資料として電子ブックを使う
   メリット
・リンク貼り付けにかかる時間が激減
・タブレットのビジネス活用ツール「BizPod」
・カタログのアクセスアップ支援ツール
  「CatalogPod」
・脱FLASHをサポート!ローカルPC専用
   ビューア
・Wisebook Cloud
・Wisebook LS Education
・Wisebook LS eBookStore
・Wisebook LS 2Way BookStore
・namo AUTHOR
・eCata 委託制作
・Wisebook API
・よくある質問
・データ仕様書
・各種申込書/制作依頼書
・導入後のお問い合わせ
・ログインページへ
・導入前のお問い合わせ
・販売代理店募集のご案内
・お試し版のお申込み
・セキュリティ対策
・導入事例
・無料デジタルカタログ作成サービス
・安心のデータセンター&品質保証制度
   (SLA)
会社概要  |  「特定商取引に関する法律」に基づく表示  |  個人情報保護方針  | 
当社サイトの利用条件  |  サービス利用規約  |  サイトマップ  |  リンク集